さくら花火の打ち上げ日記

メンバー4人の三十路女限定ユニット芝居。 ユニット名、さくら花火。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとうございました。

さくら花火「Happy Happy Bite ~幸せ喫茶~」
無事に公演終了しました。

予想を遙かに上回るお客様の数に、びっくりしてしまう程でした。
自分たちの芝居を、観てみたい、と思ってくださる方が、こんなにもたくさんいてくれることに、嬉しくなりました。
立ち見や、お入りいただけなかったお客様には、本当に申し訳ありませんでした。


新聞を見て来てくださったお客様が大勢いらっしゃいました。
取材に来てくれた記者さんが、私たちをステキに紹介してくれたおかげです。
ありがたいことです。


他のメンバーも書いてくれていますが、本当に多くの方々の協力があって、今回の公演を打つことができました。
何度お礼をしても、足りないくらいです。本当にありがとうございました。


今回、初の演出、という立場でしたので、とてもよくわかったことがあります。
お客様がいると、役者が輝く、ということ。

「稽古場でできないことは、本番でもできない」と言いますが。
「お客様がいてくれるからこそ、できることもある」って事を感じました。
お客様が観てくれて、初めて芝居として成立します。
お客様に支えられて、芝居ができるのです。ありがとうございました。



さて。
言いだしっぺとして、これだけは言っておかなければならないことがあります。
私と、おじょー(ゆうこ)、ナオナオ(Nao)、厚美ちゃん。

この4人。さくら花火を始めた時は、別にたいして仲良くもない4人でした。

私とおじょーは、仲良し。私の所属劇団に何度も客演してもらってもいます。
私とナオナオは、インプロ仲間。そこそこに芝居の傾向もわかる感じ。
私と厚美ちゃんは、古い付き合い。以前所属していた劇団の団長さんでした。

私とそれぞれは、そこそこ仲良しなんです。でも、おじょーとナオナオはちょっとお話した事がある程度。
厚美ちゃんに至っては、私以外の二人とは初対面でした。

さくら花火は、「この人と芝居をしたいぞ」って人を、私が勝手に決めて、勝手に誘って結成されたユニットです。
みんな最初は、よく知らない人たちと芝居を作ることに不安があったようでした。


でも、女しかいない強みでしょうか。芝居をつくっていくうちに、なんでも話せるようになりました。
楽しいこと、嬉しいこと、幸せなこと、辛いこと、苦しいこと、悩んでいること。
毎日稽古場は、色んな会話であふれていました。
稽古中に脱線、脱線、脱線。でも、会話の中から芝居のヒントを拾ってきて、良い方向に転がって・・・。そんなふうにつくりました。 

一つの芝居を作り上げた私たちは、何物にも代え難い仲間になれましたよ。
辛くて楽しい数ヶ月でした。

アンケートに、「また、この4人で芝居をやって欲しい」ってご意見をいくつも頂きました。最高の賛辞です。


おじょー、ナオナオ、厚美ちゃん。
3人を誘って、本当に良かった。
一緒に芝居を作ってくれてありがとう。


きよみぃ
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

さくら花火★

Author:さくら花火★
お嬢さんの期間はとっくに過ぎ、でもちゃんとした大人かって言えば、なんだか疑問なそんな歳。日々悩みながら、幸せをつかむために頑張る三十路な私たちの稽古日記です。
さくら花火の打ち上げ日記。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。